2019新入社員研修について

初めまして。新入社員のOです。

新入社員研修について報告します。

 

入社後早速4月3日から3ヶ月間の外部研修が始まりました。

まず初めに社会人としてのマナーを学び、

その後、Java、SQL、Linux等の開発プログラムやhtml、css等のデザイン構成といったIT基礎を学びました。

研修を受けているメンバーの半分以上がプログラム初心者で、私もその一人でした。

ですが、わからないところや疑問に思ったことを講師の方に聞くと、丁寧に解説してくださいました。

また、講師の方だけでなく、私以外の同期のメンバーはプログラム経験があったため

わからなくて困っている人に積極的に教えていました。

私もその会話に混ざって「なるほどなるほど」と言いながら聞いていました(笑)

そのため、基礎的なプログラムを書くことが出来るようになりました!

 

研修の雰囲気ですが、最初は研修中もお昼休みもとても静かでした。

この研修には他社の方も参加していたのですが、そのために緊張がありました。

きっと他社の方もそう思っていたのではないでしょうか。

ですが、研修を通して会話する機会が増えたことや

後述するチーム開発演習ではコミュニケーションが必要不可欠だったこともあり

会社の垣根を越えて話すようになっていきました。

また、飲み会を2回開催していただき、研修生皆で研修以外のプライベートなことを話して打ち解けました。

これらのことがあり、研修終盤には研修が終わってほしくないと思うくらいに仲が良くなりました。

 

  

 

研修の最終日はチーム開発演習で製作した温泉予約サイトを

各社からお越しくださった役員の方々が見学されている前で、チーム毎に成果発表を行いました。

私達のチームはメンバーが1人少なかったですが、一人一人が力を発揮することができたため

人数は少なくても無事に課題を完成させ、発表することが出来ました。

発表後、講師の方に最後の講評をいただきました。

「長いこと講師をしているけど、こんなに仲がいいクラスは初めてだよ」と言っていただけました。

それを聞いて研修生みんなで笑い合いました。とても嬉しかったです。

 

研修が始まる前は3ヶ月って長いなと思っていましたが、終わってみるとあっという間でした。

不安や大変なこともありましたが、乗り越えることが出来ました。

講師の方、同期、他社の方々や研修期間を設けてくださった道下社長、この研修に関わって下さった全ての人に感謝しています。

 

この研修期間で学んだことを胸に、現場に出ていち早く戦力になれるよう頑張ります!